クレームの入れ方から見るモラハラ男の特徴  漫画で知ろう対処の仕方!

目には目を はかり 迷惑な人
スポンサーリンク
スポンサーリンク

モラハラ男を見ぬくには

 

恋をしたい。人を愛したい。そんな純粋な気持ちでデートに出かけたら・・・・・・

あれ? この人、店員さんに怒鳴ってる!

めっちゃ威圧的にクレーム入れてる!

そんな時は、相手がどんなにタイプでも、イケメンでも、金持ちでも、さー、退散の時間です!

 

モラハラ男は、自分を優位に立たせたい

 

モラハラ男の場合、店員さんを下に見ているように感じる瞬間があるはずです。

自分の注文したものがなかなか来ないからと、だんだんイライラを募らせて、店員さんを呼ぶ頃には

怒りマックス!

それなら、もっと早くに、「まだですか?」の一言があれば良いのでは?

と、思ってしまいますが、相手はモラハラ男です。店員さんのために、どうして俺が気遣いをしなくちゃならないんだ!

気を遣うべきは、向こうの方だろう! と、怒っていることを正当化してきます。

 

デートの相手の気持ちは無視

 

当然、一緒にいる相手は居心地の悪さを感じていきます。

クレームを入れることは、悪いことではありません。むしろ、怒るべき時には、はっきりと相手に伝えなければならないこともあります。

それは、「頼りになるなあ」という感覚です。

しかし、モラハラ男のクレームの場合は、こっちがびびってしまうほどの威圧感、引いてしまう感覚があります。

それを、頼りになる、と混同しては絶対にいけません。

 

そばにいる相手が、威圧的な態度や、大声で震え上がり、びびっていようと、モラハラ男はおかまいなし。

それどころか、何で俺に加勢しない! とばかりに、不機嫌な態度をぶつけてきます。

もうこの日の時点で、「逃げる」べきなのですが・・・・・・モラハラ男の罠に嵌まってしまう人ほど、優しさで相手をかばおうとしてしまいます。

 

モラハラ男は変わらない

 

モラハラ男は、たいてい、自分の生い立ちを特殊なものにしたがります。

そして、優しいあなたの心を絡め取り、逃げられないようにしてしまうのです。

けれど、あなたがどんなに心をくだいても、相手は決して変わりません。

非常識なことを、さも、常識のように堂々と行い、悪いのはお前だ、とあなたを責めるようになります。

 

決して、自分で何とかできる。自分は違う、と思わないことです。

モラハラ男といても、あなたはどんどん深みにはまるだけです。

 

それでもモラ男といたいなら・・・・・・相手と同じ立場に立ってみるのは、いかがでしょう?

 

はかりさん、のようになれるのなら、きっと、モラ男とやり合えるかも、しれません。(おすすめしません)

 

漫画 はかりさん!

 

モラハラ 店員 クレーム 漫画 四コマ

 

はかりさん! は毎週水曜日更新です。

タイトルとURLをコピーしました