住宅に関する14個の給付金・手当一覧

手当 支援 不動産
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいに関する手当の一覧とその内容

すまい給付金

消費税の引き上げによる増加分の軽減のために設けられた制度です。

消費税10%に引き上げ後の給付金は10~50万円です。

 

申請者の要件住宅の所有者であること

住宅の居住者であること

収入が一定以下であること(目安として、扶養家族が3人の場合に年収510万円以下が対象者)

住宅ローンを利用して、5年以上の借入があること

 

 

住宅に関する要件取得に際して、引き上げ後の消費税が適用されていること

床面積が50㎡以上であること

住宅の品質についての第三者機関の検査を受けていること

住宅瑕疵担保責任保険への加入があることなど

中古住宅の場合は、売主が宅地建物取引業者であること

 

申請先:すまい給付金申請窓口

 


 

太陽光発電システム補助金

 

自治体が実施している補助金の制度です。

自治体によって補助金の内容や金額が異なるため、以下で確認してください。

 

詳しくはこちら

 


 

家庭用生ごみ処理容器等購入費補助制度

 

自治体が実施している補助金の制度です。

 

自治体によりさまざまですが、生ごみの量を減らすためにコンポストやEM処理容器、電気式生ごみ処理機の導入を促すもので、それぞれに対して補助金が出ます。

 

実施している自治体や内容については、各自治体のホームページを確認してください。

 


 

屋上緑化の助成金

 

都市などで、緑が不足し、ヒートアイランド現象が深刻化していることの改善に向けて、緑化を促進する制度です。

 

屋上でのガーデニングなごを行うことで、助成金のサポートが受けられます。

 

実施している自治体や、内容については下記より検索ください。

 

検索はこちら

 


 

住まいの防犯対策助成事業

 

空き巣などの犯罪を未然に防ぐために、自治体が住まいの防犯対策にかかった費用の一部の助成を行っています

 

限度額や助成対象については、各自治体のホームページを確認してください。

 


 

耐震シェルター助成

 

耐震シェルターとは、地震対策の耐震補強の際に、大がかりな耐震改修を行わなくても家屋の一部、寝室などの空間を確保できるよう、一部を補強して耐震シェルターとする装置です。

 

シェルター導入の助成金は、自治体によって異なります。各自治体のホームページを確認してください。

 


 

介護保険における住宅改修

 

介護で、住まいに手すりを付けるなどの住宅改修を行った際に補助金が出る制度です。

ケアマネージャーさんに相談し、各自治体の補助について相談しましょう。

 


 

老朽空き家解体費用助成

 

全国約300の自治体で、解体費用をまかなうための助成金制度があります。

老朽化した空き家の解体を検討している方は、助成金があるかを確認してみてください。

 

検索はこちら

 


 

住宅特定改修特別税額控除

 

省エネ改修工事や、バリアフリー改修工事、耐震改修工事などをおこなった場合に受けられる税額の控除です。

 

対象となる改修工事についてはこちらを参照

 


 

 

特定優良賃貸住宅

 

良質な住宅を軽い負担で借りられる公的賃貸住宅制度です。

 

自治体や国が家賃補助を行う制度です。

礼金・更新料・仲介手数料はなしで、家賃補助を最長20年受けることができる制度です。

 

対象者は、中程度の所得がある、夫婦、または親子を主体とした家族です。

 

詳しくはこちら

 


 

地震耐震改修特別控除

 

住宅を耐震リフォームした際の減税制度です。

 

控除額は、リフォームした年の所得税の控除額(最大25万円)=標準的な工事費用相当額×10%です。

 

所得税のみの控除であること、翌年以降には繰り越せないことに注意ください。

 

詳しくはこちら

 


 

夫婦間の居住不動産の配偶者控除

 

結婚して20年経っている夫婦であれば、自宅として使用している不動産を、2000万円分贈与しても贈与税が課税されない制度です。

 

注意)この制度を使用しなくても、相続の際に配偶者であれば1億6千万円まで無税で相続できること、一般的な住宅であれば、相続の場合には8割引で相続できる小規模宅地等の評価減という制度があること、また、不動産所得税が相続の場合にはかからないこと、登録免許税が0.4%で済むことを考えると、この制度は使う意味がないように思われます。

 


 

住宅ローン減税

 

住宅の取得や一定の増改築・リフォーム工事の場合に、10年以上のローンを組むと、収めた所得税が戻ってくる制度です。

 

標準的なケースで、200万円前後の減税効果が期待できる制度です。

 

詳しくはこちら

 


 

空き家活用推進事業

 

空き家住宅の活用に関する費用の助成制度があります。

自治体のホームページに該当する補助があるか確認してください。

 

タイトルとURLをコピーしました