費用の負担が少ない葬儀で質の良いお葬式をする方法

葬儀 安い しっかり 介護/老後
スポンサーリンク
スポンサーリンク

家族に負担にならない質の良い葬儀プランが増えている

 

平均40万円の葬儀が当たり前になる日がくる

 

葬儀や埋葬、散骨というのは、費用をかければ故人の供養になるというものではありません

かけられる金額というのは家族や親族によって異なってきますし、規模についても家族により希望する程度は違います。

 

しかし、葬儀というのは突然やってくることがほとんどですし、病院や、施設などで死亡を確認し、葬儀について考える余裕のない中、葬儀の日程や葬儀社について決めなくてはならないこともあります。

 

病院によっては、遺体安置所があり、葬儀社と連携している所も多くありますので、その場合には、「こちらの葬儀社ででうぞ」と、促されるままに葬儀社を決定してしまう人が多く、望むような葬儀が行えなかったり、予定より高額な請求を求められたりすることで、後になって後悔する人も多いのです。

 

死を避けて通ることは誰にもできません。

 

だからこそ、もっとオープンに死や、それに直面した時の対応方法についてを、家族や親族で考え前もって備えておく必要があります

 

予め、自分の暮らす地域にある葬儀場や葬儀の方法などを知っておくことで、いざという時に困らないで済むと同時に、備えておくべき事が見えてきます。

 

「死を準備しているようで嫌だ」と考える方もいますが、突然訪れた死に翻弄され、後で大きく損をしてしまったり、だまされてトラブルに巻き込まれるよりは、死を準備しておく事こそが、故人のためにも、残される家族の為にも思いやりのある行為となります。

 

お金をかければ葬儀費用はいくらでも高くすることができます。

さらに、気持ちの問題が入り込み易い死の問題を扱っている為に、実際の経費とはかけ離れた金額を請求されることもまかり通ってきました家族葬よりも一般葬が当たり前だったという事実もありますが、これまでの葬儀の平均は200万円程とされています。

 

しかし今では、そうした不透明な費用をなくし、家族が気持ち良く故人を送り出せるようにと、実際に経費としてかかるお棺やお花、火葬の代金などを含めた適正な金額がいくらになるかを明示している葬儀社が増えてきた事で、葬儀費用の平均金額はぐんぐん下がってきています。

 

使用する葬儀社は早めに決定しておく

 

葬儀の費用は葬儀社の質は、費用ばかりで決まるものではありません。

全く同じ葬儀屋で、全く同じ葬儀を行ってもどこを通じて申し込んだかで、50万円以上も価格に開きがあることがあります

 

葬儀の種類や費用を正しく知ることで、家族に合った葬儀を行うようにしましょう。

 

今は、無宗教で家族葬を行う家庭が増えてきています。

平均した葬儀の費用を200万程度に見積もる葬儀会社も多いですが、かかった費用がはっきりと見えて、追加費用のないプランを企業や、生活協同組合などが出しています。

 

こうした葬儀社で頼みますと、家族葬の場合には、火葬と葬儀を含めて50万円以下で行うことができます

 

注意したいのは、全国規模で展開している葬儀のプランを利用するように心がけることです。

地域特有の葬儀がとても安価で、しかし内容が充実している場合は別ですが、暮らしている地域の葬儀の価格が分からない、葬儀屋のパンフレットを見ると高いという場合には、全国規模で展開している企業の出しているプランや、協同組合のプランを利用しましょう。

 

この場合、別のルートで申し込みした時と同じ葬儀場や葬儀社を使うことになるとしても、格段に安い価格で、同質のサービスが受けられることになるからです。

 

葬儀場や火葬場というのは、地域でも場所が限られています。

 

ですが、地元の葬儀屋や、葬儀を専門にしている業者の場合、今までの慣習や、市場を独占していたためなどが理由で価格が高い傾向にあります。

そこで、第三者である葬儀プランを提供している会社や団体が入る事で、同じ地元の葬儀社を利用するにも関わらず、適正価格へと価格が変化しますし、質に関しても、第三者が監督してくれることになるので、クレームなど出ないように慎重に対応してくれることになります。

 

何も考えずに流されるまま、地域の人が使っているからという理由だけで地元の葬儀場を利用してしまうと、金額はとても高いのに、内容はいまいちという結果にもなりかねません。

 

費用と金額が細かく出ているプランを選ぶ

 

葬儀は、無宗教の場合と、そうでない場合でかかる価格も違います

 

無宗教、仏教、その他の宗教と、どのタイプにも対応しているプランはたくさんありますので、その中から自分に合うものを選び、必ずプランの内容を確認しましょう。

 

インターネット上に分かりやすくプランの内訳が載っている、または、取り寄せた資料の中に詳しく書いてある。そうした、内訳のはっきりとした葬儀社を選ぶようにしましょう。

 

食事代や、飲み物代がかかる場合にも、一本いくら、一人いくら、と明らかになっている葬儀社であれば、見積もりを依頼しなくても、おおまかな計算は自分で行えます。

 

いくつかのプランを比較し、希望のプランが、希望する葬儀場や近場の葬儀場で行えることを確かめたら、連絡先を携帯に登録しておくなどして、いざという時にはすぐに連絡しておけるようにしておきます。

 

火葬式、一日葬、家族葬、一般葬の順に、規模が大きくなっていきいますが、価格は20万円~70万円程度です。食事とお布施は別になりますが、それでも、今までの葬儀よりはずっと価格は低く、しかし質は高いものとなります。

 

生活協同組合などに入られている方は、組合員としての利点を生かして、コプセの葬儀などを利用すると良いでしょう。

 

全国的に統一された金額で葬儀を提供しているのが以下の会社です。葬儀会社によって、提携している葬儀場が違いますので、それぞれのプランを、自分の地域で比べてみましょう。

 

価格形態が分かりやすく、プランのしっかりとした全国規模で展開している葬儀社を載せておきます。

 

株式会社よりそう

火葬料金については自治体ごとに金額が異なりますので、その分については価格が変わってきます

生活協同組合の方は、組合員のプランも比較してみましょう

 

離檀と墓じまいについて興味のある方はこちらの記事を参照下さい。

散骨や、お墓以外の埋葬についてご興味のある方はこちらの記事を参照下さい。

タイトルとURLをコピーしました