賃貸の選び方・借り方

賃貸 選び方 不動産
スポンサーリンク
スポンサーリンク

賃貸の選び方

 

賃貸の種類

アパートとマンションの違い

 

アパートとマンションの違いは、不動産情報サイトにより独自に基準が定められていることが多いのですが、主に、木造や軽量鉄骨造で二階建てまではアパート、鉄骨造や鉄筋コンクリート造かつ3階建て以上がマンションとして記載されていることが多いです。

 

アパートのメリット・デメリット

 

アパートのメリットは、同じ築年数かつ立地、広さを持つ部屋の場合には、マンションより価格が安いということが言えます。

 

デメリットは、音漏れがあるということです。物件によっては、会話がはっきり分かるほど音が漏れることもあります。他人の生活音が気になる方の場合は、アパートは避けた方が良いでしょう。しかし、最近建築された物件の場合には、防音性が高いものもありますので、アパートの構造をしっかり確かめ、実際に物件を確かめてから決めることをおすすめします。

 

マンションのメリット・デメリット

 

マンションの場合は、防音性と防犯性が高い物件が多いです。

もちろん、築年数や建築構造によっては、どちらも疑わしい場合もあるので、実際に確かめてから住む必要はありますが、鉄筋コンクリート造で、隣の住戸との壁がコンクリートの場合には、防音性が高くなっています。

 

管理費や共益費を別で支払うことが多いですが、マンションの場合、内廊下やロビーの清掃が行き届き、生活環境がきれいに保たれることも魅力です。

 

また、マンションの場合、24時間ゴミ出しが可能な一時的なゴミ置き場がある場合が多いので、その場合には、ゴミ出しの時間に困らされることもなくなります。

 

その他の賃貸

 

定期借家契約

 

定期借家契約には、アパート、マンション、戸建ての全ての物件があります。

 

物件の所有者が、海外転勤などで家を離れる場合にあらかじめ期間を定めて貸し出されます。

定期借家契約のメリットは、相場より安く借りられる場合が多いことです。ただし、更新ができないので、期間終了時には必ず出ていかなくてはなりません。

 

賃貸アパート・マンション・定期借家の検索なら

 

 

 

物件数が多いサイト キャッシュバックがあるサイト
SUUMO キャッシュバック賃貸
HOME’S DOOR

 

 

 

シェアハウス

 

会社や学校で提供される住居は寮ですが、シェアハウスは、そうした組織に所属するものではなく、誰でも希望すれば住める場所です。

ただし、シェアハウス毎に「女性限定」や「外国人不可」などの条件が付いている場合もあります。

 

シェアハウスには、さまざまな形があり、一部屋が個人に提供される場合もあれば、二人で一部屋、格安のシェアハウスの場合には六人で一部屋ということもあります。

価格も、高額なものから、低価格なものまで様々です。

 

共用設備は、住居人全てで共用することになるので、キッチンや風呂場などは交代で使用することになります。誰かと暮らすことが好きな方や、人との関わりを持って世界を広げたい方、とにかく安く住みたい方などにおすすめです。

 

また、海外からの一時帰国や、短期的に寝る場所だけを確保したい場合などに、マンスリーやウィークリーマンション、ホテルに代わる住居選択の一つになります。

 

シェアハウスの場合には、入居時にデポジットと呼ばれる保証金を預けるのが主流です。デポジットは退去時に返却されるか、最後の月、または週の家賃に回されることがほとんどです。

 

保証人を立てる必要が無いため、契約が簡単なこともメリットの一つです。

 

シェアハウスの検索なら

まとめサイト 女性限定
シェアシェア

SHARES

 

 

 

家具家電付き賃貸

 

少ないですが、家具家電付きの賃貸もあります。

 

マンスリーマンションやウィークリーマンションなどが、割安価格で長期契約の物件を提供している場合もあります。

 

初期費用を抑えたい場合、家具や家電を所有することが面倒な場合、一時的にしか住む予定がない場合などには、家具家電付き賃貸はおすすめです。

 

物件によっては、インターネットや水道・光熱費が既に家賃に含まれていることがあり、契約や支払いの手続きが簡単です。

 

家具家電付き賃貸なら、大手サイトで検索、もしくはセットアップ賃貸

 

 

UR賃貸

 

都市再生機構という独立行政法人が管理している公的賃貸住宅です。

 

賃貸契約の際には、敷金や礼金、仲介手数料がかかり、さらに契約2年ごとに更新料がかかるのが一般的ですが、UR賃貸の場合、[su_highlight background=”#99fff2″]礼金、仲介手数料が不要[/su_highlight]です。

敷金として2ヶ月分を支払う必要がありますが、通常使用による劣化程度の場合は、退去時に敷金は返却されます。また、[su_highlight background=”#99fff2″]礼金、仲介手数料が不要[/su_highlight]。

 

[su_highlight background=”#99fff2″]礼金、仲介手数料が不要[/su_highlight]こともメリットの一つです。収入審査をパスするか、一年分の家賃を先にまとめて支払えば、自己責任で契約できます。

 

また、火災保険への加入義務もありません。

(義務はありませんが、風呂の水漏れによる被害などに対応できるよう、全労済などで安いプランに入ることをおすすめします。)

 

ただし、物件の数に限りがあるため、必ずしも希望の物件の、希望の広さの部屋が空いているとは限りません。また、物件によっては駅から遠い、設備が古いなどといった場合もあります。必ず内見をしてから決めるようにしましょう。

 

UR賃貸の場合には、仮予約というシステムがあります。

 

人気のある物件の場合、インターネット上に空室が出たと思った瞬間にはもう誰かが仮予約で抑えているといったことが置こります。

 

UR賃貸を考えている方は、希望の地域のURセンターに電話をして、希望の物件の仮予約をしたいと伝えましょう。

 

仮予約をしても、内見をしてから取り消すことができるので、気になる場合は早めに電話で部屋を確保しておくことが大切です。

 

仲介業者の中には、UR賃貸のキャッシュバックを行っているところもあります。

業者に頼んでいるうちに部屋がなくなってしまうという場合もあり得ますが、比較的空室に余裕のある場所を契約する場合には、斡旋業者を通じて仮予約を行い、契約に至ることで、一定額のキャッシュバックがあります。

 

UR賃貸で借りると決めている方は、キャッシュバックを利用してみるのも良いですね。

 

キャッシュバックのある斡旋業者(他にも多数あります)
ケイザンエステート

QAC不動産

 

 

JKK・住宅供給公社

 

住宅供給公社とは、国や地方公共団体の住宅政策に基づき設立された法人です。業務の一環として、不動産の賃貸を行っています。

 

礼金・更新料・仲介手数料は必要ありませんが、保証人が必要です。

広さや場所に制限がありますが、希望する地域に、希望の広さの物件があれば、空きを検索して申し込みをしてみることをおすすめします。

 

低所得者住宅

 

JKK・住宅供給公社では、低所得者向けに安い家賃で住居を提供しています。

 

収入審査がありますが、様々な事情により収入面で不安があり、住居がなく困っている方は、都道府県や市が提供する低所得者向け住宅の利用をおすすめします。

 

ただし、場所によっては、建物の老朽化や、空室が増えていることによる管理の問題、高齢化が起きている場合もあるので、見学をしてから決めるようにしましょう。

 

JKKについてはこちら

住宅公社については、各都道府県のサイトをご参照ください。

 

賃貸にも色々な種類があることが分かりましたが、実際に契約するとなると地域の選び方や住む場所の選び方が気になってきます。

 

暮らしたい地域の選び方についてはこちらをご参照ください。

 

部屋の決め方についてはこちらをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました