社会問題

社会問題や時事問題について調査した上で考え方や受け止め方について綴った記事です。

スポンサーリンク
社会問題

見て見ぬふりをする理由と、困った時に互いに助け合うことを可能にする方法

人が見て見ぬふりをする時には、他の誰かが助けるだろうと思っている、自分が率先して動くのは恥ずかしい思っている、自分だけ動いて笑われたくないといった心理が隠れています。つまり、本当に冷たい人はそれほど多くはなく、多くの人は自分が仲間外れになるのが怖いから、見て見ぬふりをするのです。
社会問題

クリーンエネルギーによる脱原発ができない理由

クリーンエネルギー社会を実現したいのであれば、各家庭と地域で発電できるようにするのがベストです。防災の点からも、蓄電の難しさと送電での電気の損失などを考えても、小さなコミュニティで発電し、消費することが一番効率良く、環境を汚さない方法です。
社会問題

ホームレス拒否問題にみる得体の知れない人を怖がる心理

ホームレスとして区別されるのではなく、差別される理由には、知らない人は怖いという心理が隠れている。住所不定の人は得体が知れないし、怪しい人かも知れないと思うからだ。しかし、何十年も前からホームレスはいるのに、なぜ今もホームレス問題が解決されないのだろうか。
2019.11.12
社会問題

お金にならない労働には価値がないとされる社会

家事がお金に換算されて考えられるのは、お金にならない労働が軽視されている証拠です。お金になる仕事以外に価値を見出せない社会になると、人の価値の全てがお金で計られるようになります。お金で評価されることと、お金で相手の値段を付けることは全く違うことです。
2019.11.16
社会問題

優秀な遺伝子は存在するか  優生思想の限界

優生思想の背景には、自己防衛の考えがあります。障害者年金の支給が増え、高齢化による社会保障費の増加が進むことで、これからますます優生思想や、命の選別の発想が大きくなるでしょう。客観的に見た優秀な遺伝子が存在するのかどうか、実例とともに確かめてみます。
2019.11.16
社会問題

地球温暖化の原因と裏事情を知って、未来に備える

地球温暖化の嘘と本当の論争の裏側には、環境活動かと、政治家、経済界の都合が見え隠れします。しかし、水や火に関する災害の増加を思えば、温暖化は疑いようのない事実ではあります。科学的な事実と、身近でできる備えを知って、自分の身を守りましょう。
2019.11.23
社会問題

子供を生む選択も、生まない選択も見る人によっては身勝手に映る

日本から見れば子供を生まないことが身勝手と言われますが、世界の視点に立てば、子供を生むのは身勝手な行為です。そもそも、子供を資産か負債のように考える人の裏側には、損得勘定の計算が隠れています。身勝手な人ほど、自分の発想に責任がないものです。現実を知り、自分の意志で子供を持つか持たないかを決断しましょう。
2020.02.16
社会問題

日本人が英語を話せない理由は発音を教えない教育にある

日本人は英語を話せないと言われますが、それは発音に対する恐怖があるからです。なぜ発音が怖いのかと言えば、6年以上も学校で勉強してもなお、発音の方法を学ばないからです。英語学習のために日本に必要なのは、発音の教育です。
2019.12.09
社会問題

賃貸で身内が死亡した場合には保証人に損害賠償費用が請求される

賃貸で身内が死亡すると、自然死以外、自殺や他殺の場合には原状回復の費用が発生しますが、相続人はこれを放棄することができますが、保証人には支払い義務が生じます。保障会社に入っていた場合の上限額を知り、保障会社への加入を検討しましょう。
2019.11.23
社会問題

安楽死は幸せに生きるためにある

老後を心配しながら毎日苦しい思いをして生きるより、いざとなれば安楽死がある世界の方が、生産性も向上し、辛い思いをして生きる人は減っていくはずです。ただし、どんなシステムにも裏と表があり、使い方次第で悪にもなります。
2019.12.07
社会問題

性犯罪を無くすためには知能と本能を分断させる必要がある

本能が暴走すると言いますが、本能を暴走させるのは知能です。倫理感を育てることができれば、脳に本能を暴走させる可能性を減らすことができますが、そのためには本能と欲望を混同させない社会づくりが必要になります。
2019.11.27
社会問題

体調管理も仕事のうちであるなら仕事を休まないと理屈が通らない

体調管理も仕事のうちという言葉は、労働を免罪符のように強い権力のある行いとして見ているからこそ出てくる言葉ですが、体調管理が仕事であるならば、企業側は積極的に雇用者を休ませないと理屈が通りません。果たして労働にそこまでの権力を与えて良いものでしょうか。
2019.11.27
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました