サ高住・特養・老人ホームの契約条件から見る違いと選び方

老人ホーム 種類 介護/老後
スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護度と契約の違いから老人ホームは選ぶ

 

漫画でつかむ、特養とサ高住と有料ホームの違い

 

漫画を飛ばして記事を読みたい方はここをクリック

 

老人ホーム 違い 選び方

老人ホーム 選び方 違い 

老人ホーム 選び方 違い

 

特別養護老人ホーム(特養)とは

 

特別養護老人ホーム(特養)とは、市町村における介護度調査において、介護度が3以上と認定された方が入る施設です。(特例はあります。夫婦で入居する場合や、家族の事情によっては介護度が3に達していなくても受け入れてもらえるケースもあります。個別のケースは自治体に問い合わせてみましょう)

 

介護度が3というのは、目が離せない介護者であることがほとんどです。自分の力で生活することは難しく、介護度4、5となると、つきっきりの介護が必要になることもあります。

 

特別養護老人ホームは、そういった介護度の高い方向けに施設がつくられているために、入浴のために必要な機械浴の施設があったり、大きなエレベーターが付いていたり、看護士が常駐していたり、施設内に医務局があったりと、介護される方への配慮の高いつくりになっているといえます。

 

しかし、介護度3にならないと入れないというのが難点です。

 

ケアマネージャーはいるのか?

 

特別養護老人ホームの場合は、ケアマネージャーが在住していますので、その施設のケアマネージャーが担当することになります。

 

特養に入るまでは、地域包括センターや、ケアマネージャーを専門にしている事業所、デイサービスを提供していた施設のケアマネージャーに担当してもらっていた方も、特別養護老人ホームに移るとケアマネージャーは変更になります。

 

サービス付き高齢者住宅(サ高住)とは

 

サービス付き高齢者住宅は、介護に必要なサービスは別途契約が必要になっているところがほとんどです。基本的には、見守りサービスのある高齢者用の住宅と思って下さい。

 

ですので、介護度が上がった場合には、それまで滞在していたサ高住では対応できなくなることもあります。(入浴サービス用の設備や、看護士在住といった手厚い介護のある施設は限られています)

 

自立性の高い方の場合には、「老人扱いするな」と、施設への入居を拒否する方もいます。そうした自立性の高い方に向いているのが、サ高住です。

 

契約自体が、ごく普通の賃貸借契約ですので、あくまで、借りたアパートやマンションに対して、サービスが付いてくるという考え方になります。

 

サ高住に暮らしながらデイサービスに通い、定期的な安否確認をしてもらうといった利用方法で、自由度の高い生活を送れます。

 

しかし、サ高住は、経営母体によって、提供しているサービスがさまざまなため、医療行為については全く行えないなど、希望するサービスが受けられないケースも出て来ます。

 

また、民間が経営している事業になるので、もうけを意識したサービスを提供している施設もありますし、サービスが行き届かない場合や、施設自体のメンテナンスがされていないなど、住居の良し悪しには大きく差があります。

 

介護度が高くなった場合には対応できないこともありますので、いずれは引っ越す可能性も考えながら、慎重に選ぶ必要があります。

 

また、サービスが別途契約のため、それぞれのサービスにいくらかかるのか、細かい請求形態を事前に知っておくことも大切です。気が付けば、月の請求額が予定をはるかに上回っていることにもなりかねません。

 

ケアマネージャーはいるのか?

 

賃貸借契約によって住居を提供している場所ですので、ケアマネージャーはいません。事業母体が手広く介護事業を行っている場合には、同じ経営者の事業所のケアマネージャーを選ぶといった選択もできますが、今まで担当していた方にずっとお願いすることができます。

 

サ高住を選ぶ方の場合には、まだケアマネージャーが付いていない方も多いかと思います。介護が必要かな、と感じたら、ケアマネージャーの選び方を参考に、良いケアマネさんを選ぶようにしましょう。

 

有料老人ホームとは

 

有料老人ホームとは、介護サービスと部屋の利用権について契約する施設です。

 

賃貸借契約とは異なりますので、敷金や礼金などを支払う方法ではなく、入居一時金を用意して入ることになります。(入居一時金のない施設もあります)

 

有料老人ホームで提供しているサービスについては、含まれているものが施設によって異なります。食事の提供や入浴といったサービスは受けられますが、入浴介助や、医療行為については別途請求されることもありますし、機械浴に対応していない施設や、医療行為についての限度が決められている場合には、ケアマネージャーと相談の上、他の事業者にサービスを頼まなければならない場合もあります。(病院への送迎なども、基本的には家族が行います)

 

一時金や、サービスの範囲、利用料については、施設によって違いますので、必要としているサービスがあるかは事前に確認する必要があります。

 

ただ、サ高住と比較した場合、介護の必要な方が入居している割合が高くなりますので、自立性の高い方には逆に居心地が悪いと感じる可能性もあります。一方で、特養と比較した場合には、介護度の高い方を世話するには難しい環境であることもあります。

 

ただ、特別養護老人ホームは、希望してすぐに入れない場合もありますので、その間、老人ホームで空きを待つ方も多くいらっしゃいます。

 

経営の方針によっても、施設の雰囲気や、対応が違いますので、何より見学して、ホームにいる方々がどんな暮らしをしているかを見てみる必要があります。

 

特養・サ高住・有料老人ホームのまとめと比較

 

特別養護老人ホーム介護度3以上でなければ申込めない

サービスや医療については全て施設が行う

施設のケアマネさんがいる

料金は収入により違う

個室と大部屋がある

サービス付き高齢者住宅自立度の高い人が入る(介護度や支援度には関係ない)

サービスは別途申込で全て有料

施設の良し悪しが激しい

賃貸借契約なので、家を借りることになる

部屋の大きさは色々

民間老人ホーム支援や介護の必要な人が入る

サービスは内容によっては有料

特殊なサービスは施設では対応できないことも

サービスと住居の利用権の契約

部屋の大きさは色々

それで、お金はどれだけかかるの?

 

かかる費用については、一概にいくらとはいえず、個人により金額が変わります。

 

例えば、収入がなく、年金暮らしの方の場合には、様々な支援により特別養護老人ホームであれば10万円以下で生活できますが、収入のある方の場合は、同じ特養でも金額が高くなります

 

一方、民間の、老人ホームやサ高住の場合には、地域によって一時金がとても高い場所もあれば、一時金はなく、部屋代も低価格の施設もあります。ただし、サービス料金を加算した総額は、特養よりも高くなる可能性が高いです

 

特別養護老人ホームを含め、施設はどこの市町村に入居しても良いので、同じ市にこだわらずに探してみると、良い施設が見つかることもあります。

 

介護される方によって、払えるお金や受けたいサービスは違います。

よいケアマネージャーさんとともに、相談しながら適切なサービスを見つけることが大切です。

 

見学はできるかぎり行く

 

特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サ高住、また、他の形態の施設(病院と一体になった施設などもあります)についても、自分達が通える範囲にあり、見学できそうなところはなるべく足を運び、話を聞いてみるのが良いです。

 

ケアマネージャーさんがいる場合には相談してみて下さい。施設の見学の手配や、必要なサービスが受けられるかの確認をしてもらえる場合もあります。(ケアマネが頼りにならない! と感じている方はこちらをご覧下さい

 

特に、入浴設備についてはしっかり確認することが大切です。機械浴がある場合には、介護度が上がっても、お風呂に入りやすく、別途サービスを頼むことなく入浴できる可能性が高いからです。

 

他にも、清潔さ、食事、おやつ、デイサービス、飲み物の提供についてなど、生活にかかわることを確認し、今までの生活スタイルから、合うか、合わないかを判断して、最も適切な場所を探してあげることが大切です。

 

 

施設の評価が知りたい

 

一般的な介護のサイトでも施設の評価を確認することはできますが、厚生労働省の事業所の評価を確認すると、ほとんど全ての団体や施設を確認することができます。

 

厚生労働省の介護事業所チェックサイト

 

 

五段階評価のランキングや、職員の離職率なども確認できますし、24時間体制かどうかや、理念、特別な対応ができるかといった施設の対応可能表などについても確認できます。

 

施設を選ぶ前に必要な話合い

 

介護される人は、介護度が高くなるほどに体力が衰えていることが多いです。そうでなくとも、高齢者は疲れやすく、引越や環境の変化による体調への影響が大きいです。

 

つまり、元気な時にサービス付高齢者向け住宅に入ったものの、有料のサービスに限界を感じて引っ越そうと思っても、なかなか施設が決まらない、引越で金銭面、体力面の両方に負担がかかるといったことが将来起こる可能性があるのです。

 

まだまだ元気な高齢者で、しかし、遠方に住んで居るために安否確認が難しく心配だという場合にはサ高住が最適というケースもありますが、介護度が高くなるほどに、有料老人ホーム、特別養護老人ホームと移動をしなければならなくなることは、十分にあり得るのです。

 

いつ、どうやって移動すべきか。将来のシミュレーションを予めしておくことで、色々な状況に対処しやすくなります。

 

介護度が高くなった時に引越をする際には、ストレッチャーで運んでもらえる介護タクシーなどを利用して、被介護者に負担がかからないようにしてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました