子供を生む選択も、生まない選択も見る人によっては身勝手に映る

子供 有無 身勝手 社会問題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供を産まないことは身勝手なのか

かつては「家」という制度のために子供を産んでいた

 

結婚したら子供を産み跡継ぎを育てること。それができなければ離縁されても仕方がない。

 

今では非常識と非難されるこうした考え方が「家」という制度ができて以来、最近まで、ごく当たり前に受け入れられてきました。

 

これはを守るための考え方ですが、当時は、継ぐ家のない人は養子に出されるなどして厄介払いされることも頻繁にありましたし、家という概念の犠牲になった人々は大勢います。

 

近年では、日本国内で少子高齢化が進み、子供を産み育てる人を称賛する考えが根付きはじめています。「子供は生まない」と主張すると顔をしかめられますが、「子供を生みました」というとおめでとう、返すのが当たり前になっているの現実が、その風潮を示しています。

 

政治家が女性に子供を生むようにという発言を繰り返すのは、彼らが国を背負っている、または背負っているつもりになっているからで、国は、かつての家と同じ役割を担っているということになります。

 

こうした発言を受けて、子供を生むこと、生んだことを、ただ生んだという事実以上に評価する動きが生まれ、子供を産むという行為が一種のステータスとなりつつあります。

 

こうした考え方が行き過ぎると、ステータスを持たないものに対する区別、差別が広がるようになり、ついには、子供を産まない女性に対する差別的な考え方が広まるのです。

 

子供を産まない選択をする人間は将来を担う日本国民を育てないという意味において身勝手だと主張する人まで出てくることになりますが、果たして、子供を産まないことは、身勝手な行為なのでしょうか。

 

子供は資産にも負債にもなる

 

子供を産む行為が称賛されること、国が子供を生むことを推奨すること、これらを見れば、子供は資産であるという考え方が根底にあることが分かります。

 

一人っ子政策を行ったかつての中国のように、人口が増え過ぎれば子供の数を減らすように国が指示をするということは、子供は、時には資産となり、時には負債となるということも分かります。

 

ならば、子供が資産になるのはどのような時でしょうか。

 

日本では、確実に高齢化が進んでいますが、しかし、医療の進歩により、生きる時間は長くなっています。つまり、生産世代と呼ばれる、労働をし、税金を払う人間は減少していきますが、一方で、支えてもらわなければ生きられない世代が増えるということになります。

 

子供も、まだ成長の途中にある時には、この、支えられなければ生きられない世代です。ただ、将来には生産世代になるという見込みがあるからこそ、資産であるとみなされているのです。

 

こうした考え方は、寂しい考え方であり、人の生死はそれを超えたものだという見方をする人もいるでしょう。そうした人々にとっては、子供とは、資産でも負債でもない、自分たちにとって必要な何かであり、定義付けられないものになります。しかし、そうした考えができる人々は、声高に、子供を産んだのだからえらい、とは言わない人たちです。

 

子供を産まない人間を身勝手だと考える人は、子供を産むことはえらい事である、資産を生み出しているのだと思っている人たちです。

 

しかし、その発言者の子供が、日本国に対して資産を産むとは限りません。生産世代の全ての人々が労働をするとは限りませんし、海外に移住してしまう人もいれば、犯罪を犯し、国の負債となる人もいます。

 

乱暴な言い方をすれば、あなたの子供が、この国を支えるという保障は、子供を産んだだけでは分からないのですから、子供を産んだことだけを盾にすることはできないということです。

 

世界の人口増加を見れば、少子化はプラスとも捉えられる

 

日本では少子高齢化が進んでいることが大きく議論されることが多いですが、しかし、世界中で怒っている本当の事が議論されることはほとんどありません。

 

日本の人口推移についてグラフを見てみると、明治の頃には3000万人だった人口が急激に増え、現在の一億人超えの人口構成へと推移しているのが分かります。(総務省のデータより抜粋)

 

総務省 人口推移

 

国は、今後はこれとは全く逆方向への推移がはじまり、急激に人口が減少していくとを予想していますが、人口減少にともなう国の問題とは、具体的には何のことなのでしょうか。

 

全てのインフラ(電気、ガス、水道、灌漑設備、ダムなど)は、人口が増加するに伴い広げられました。敷設された設備の多くは、人口が減少すれば、それを維持する能力がなくなることが予想されます。つまり、ゴーストタウンがあちこちにあるという状況が生まれて、治安が悪くなる可能性が高くなります。

 

高齢者が、安楽死などの選択肢を持たず、施設などで長く生きることになった場合、高齢者と、生産世代のバランスがピラミッド型になるまでは、生産世代への負担が重くなります。つまり、現在のように逆ピラミッドの三角形を描いている限りは、生産世代への負荷が高くなり、それが異常なレベルになった場合には、人権が脅かされるような、凄惨な事件が起こる可能性すら出てくるという事です。

 

人口の減少は、現在までの歴史を見る限りでは、経済成長の鈍化、または低下につながると考えられてきました。人口が減少することで、新たな発明、発展を促す若者世代が減るか、海外へと移動してしまい、日本はどんどん貧しくなっていくという考えです。

 

しかし、これらのことは、全て、本当の事なのでしょうか?

 

子供を産む身勝手が世界で起きている

 

人口について考える時には、世界の人口についても考える必要があります。

 

世界の人口は、70億人を超え、今なお増え続けており、地球の資産を食い尽くす勢いです。今世紀中には100億人に人口は達すると言われています。

 

UN 人口

 

もはや地球は、人口を支えられることができないと言われていますが、しかしなぜこれほどまで爆発的に人口が増えたのでしょうか。

 

医療の発達こそ、この爆発的な人口増加を促した原因です。かつて、子供は死ぬのが当たり前でした。生まれてきても成長しない子供は必ず一定数いて、死はとても身近なことだったのです。

 

ほんの少し前まで、抗生物質やワクチンが開発されるまで、流行病のたびに人は大勢死んでいたし、高齢者は、60代にもなれば、おじいちゃん、おばあちゃん、と呼ばれるに相応しい様相をしていました。

 

しかし今、人はめったなことでは死にません。特に先進国の新生児死亡率の低さは相当なもので、そうした先進国の技術に支えられる発展途上国の新生児死亡率も、年々低くなっています。

 

生まれて欲しいと願われた命が助かることは素晴らしいことですが、しかし、こうした事が背景となり、子供は次ぎ次ぎに生まれては生き延びて、人口を70億にまで引き上げることになったのです。

 

世界単位で見た場合には、今、子供を産むという行為自体が、いかに身勝手かというのが分かります。増加する人口は自然を破壊し、もっと先の未来にまで繋げられるはずだった人類の未来を奪う可能性を高めています。

 

しかし、これは、世界と、未来という視点に立って物を言う人々の台詞です。

 

日本と、今という地点に立っている人が言う台詞と違うのは、当たり前な事でしょう。

 

日本の未来は移民により人口を増やすか、技術を革新するか

 

かつてが重視されていた日本では、子供が産まれない家では養子を受け入れるということが当たり前に行われていました。つまり、現在の日本の少子化を止めるためには、日本国という家に、養子を、移民を受け入れるという方法があるという事です。

 

先進国でありながら、これほどまで移民を受け入れない国もめずらしく、日本は、長く国際社会から非難を受けています。しかし、移民を受け入れたヨーロッパの国々では、宗教の違いや文化の違いによる差別や紛争の火種が広がり、テロが恒常化しつつあることもあり、今では、移民を排斥することを標榜する政治家が国のトップに立つことが増えてきました。

 

つまり、移民を受け入れて人口問題を解決しようとする試みには、一定のリスクがあるということです。日本人同士であればもめないという事はありませんが、文化の違いや習慣の違いは、今ある日本を変えていくでしょう。

 

しかし、日本が移民を受け入れずに、日本国民だけで経済成長を維持し、かつ、日本の国土を守っていくのだとすれば、それ相応の技術革新が必要となります。

 

AI技術が発展し、ロボット生産が当たり前になった近未来には、人間による労働力など微々たるものとして全く評価されないという時代が来る。・・・・・・そうなれば、何も心配はいらないかも知れません。

 

しかし、人々が語る未来とは、果たしていつの時点の話なのでしょうか。

 

人によっては、三十年後の未来を見ていて、人によっては百年後、またある人には、千年、万年という月日が過ぎた時の世界を見ています。

 

しかし、本当のところ、ほとんどの人々が見ている未来というのは、何年後という未来ではありません。

 

自分の未来です。

 

自分が高齢者になった時、もしくは、せいぜい自分の子供か、自分の孫についてまでの未来を見ているはずです。

 

それを考えると、結局のところ、みんな、自分のために子供を産むのだし、自分のために未来の話をしているのだから、子供を産むことも、子供を産まないことも、世界から見ようが、日本から見ようが、どちらも身勝手な行為になるのです。

 

自分が良しとすることをしているということは、見方を変えれば、身勝手と呼べることになります。余程の人でない限り、自分の毎日の行いが、常に人の役に立っているという考え方はしないでしょう。

 

生んでも生まなくても身勝手で、自由な選択であるということ

 

生まれきた子供に、生まれて来たくなかった、と言われたことのある親は意外と多いものです。

 

また、親にそんなことを言いはしないけれど、内心、生まれたくなかったと思っている人もいます。

 

生まれてきた子供の立場に立たない親が、子供を産んだことについて評価するというのは、実は、見当違いな行いではないでしょうか。

 

子供に国の未来を背負わせる行為をしている親が、私はこんなに産んで偉いのだと言っても、子供にしてみれば、迷惑な行為でしかないかも知れません。そもそも、自分の子供が確実に国の、世界の、誰かの役に立つという保障はありません。

 

しかし、今は、子供を産まない選択をする人間は、珍しいことを選んだかのようにメディアに取り上げられ、わざわざ子供を産まないという自由があると主張しなければ、その意見はまるで間違っているという風に扱われます。

 

子供を産まない人は、将来、子供のいる家庭から出る労働力に助けてもらうのだという考え方がありますが、自分でお金を稼ぎ、貯蓄をして老後をまかなう人たちにその言い分は通用せず、むしろ、子供たちを、子供を産まない人々の労働力による資産で育てた、という逆の構造が成り立っていることもあるでしょう。

 

子供を産まない決断をした人のほとんどは、子供を産む人を非難しません。

 

子供を産んだ全ての人が、子供を産まない人を非難するわけでもありません。

 

少数とは言わないが、いくらかの、声の大きな人々が、子供を産まない選択をする人を責め、子供を産み育てる人々に圧力をかけているのが事実です

 

しかし、そうした声の大きな人々は、たいてい、自分のことしか考えていません。

 

今、褒めて欲しい。

 

今、お金が欲しい。

 

今、権力が欲しい。

 

そうした今と、かわいい自分を守るための感情から出た言葉に、考えながら生きている人が巻き込まれる必要はありません。

 

人生に対する評価は、個人個人が独自に行うものであり、子供を産んでいるかどうかで決まることではありません。子供がいても、いなくても、後悔している人もいれば、後悔していない人もいるのが現実です。

 

子供を産むという行為も、産まないという行為も、それを決定づけたその人の身勝手であるのだから、自分が決めたことに対して責任を負っている限り、誰かが誰かを責めることは許可されていないということを、声の大きな人にこそ届けたいものです。

タイトルとURLをコピーしました