不倫で幸せになれるか 後ろめたさを感じる理由・責められる理由

不倫 幸せ 罪 対人関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不倫で幸せになれる人となれない人の違い

不倫をする背景はさまざま

 

不倫をしている人の全てが、同じような気持ちで不倫をしている訳ではありません。人それぞれ、不倫に至る経緯も違い、その結末も、全く異なります。

 

例えば、相手が既婚者と知らずに不倫に至ってしまったという場合には、相手が既婚者であると知った時点でその関係を終わらせることができる人がいる一方で、一度築きあげた二人の関係を崩せず、いつまでも、ずるずると不倫の関係に甘んじてしまうということもあるでしょう。

 

例えば、不倫になると分かっていて不倫をはじめる人もいます。その中には、不倫であることで続いている関係というのもあり、今ある家庭を壊すつもりはまったくないという、家庭があっての不倫ということもあります。

 

この場合、ダブル不倫と呼ばれる両者共に既婚者ということもありますし、どちらか片方が既婚者ということもあるでしょう。

 

一方で、不倫であると分かっていてはじめた恋愛の中で気持ちがどんどん進み、膨らんで、相手の離婚を待って結婚をするつもりでいる不倫者もいます。この場合、相手の離婚が進み、実際に結婚に至る場合もあれば、離婚が進まず、長く不倫を続けることになるか、途中で不倫がばれて慰謝料を請求され別れるか、または、不倫中に子供をみごもり、シングルマザーとして育てていく決断をする人もいます。

 

不倫には、ただ一言「不倫だ」では片付けられない、人間関係のドラマと、法律上の利害関係によるトラブルがあるのです。

 

 

不倫と浮気の違いは法的拘束力の差

 

そもそも、不倫とは何なのでしょうか。

 

不倫と浮気は、何が違うのでしょう。

 

不倫ってダメなことなんだよね。

 

何となくそう思っているだけで、何がどうダメなのかを分かってはいないという人は案外多いのではないでしょうか。

 

カップルのどちらかが浮気をした場合、それが原因で別れることはありますが、それに対して慰謝料を請求することはできません。しかし、夫婦であれば、不倫をしていた両者に対し、慰謝料を請求することができます。つまり、罰を与えることができるのです。

 

これは、法律に守られているかどうか、という差です。結婚し、婚姻届を出した時点で扶養義務が生じる配偶者との関係では、民法により不貞行為に当たる不倫が禁じられています

 

これが、浮気と不倫の違うところです。

 

法律で規定されているから、悪いことなんだと考える人が多いですが、法律は、善か悪かを規定するためではなく、利害関係に明らかな不均衡がないかどうかを定めたものだといえます。

 

法律上(または事実婚)で夫婦になるということは、最低限守ることは守りましょう、という契約にサインするということです。その一つが不貞行為であり、不倫は、不貞行為に当たるので、それを行った場合には罰則を受けることになるのです。

 

ただ、夫婦関係にある二人の間での罰則の適用は難しいものです。不倫を理由に離婚するといった場合は不倫が不貞行為に当たるので離婚が認められやすくなりますし、それに伴う慰謝料も請求できますが、もし、婚姻関係は継続したいという場合には、夫、または妻から慰謝料を取っても、家計が同じでは意味が無い、という場合が出てきます。

 

しかし、夫、または妻の不倫相手に対しては、事情が違います。既婚者と知っていて、または、知り得た状況において不倫していた場合には、不倫により被害を受けた不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されるケースが出てくるでしょう。

 

例えば、心理的には夫婦関係が破綻していたとしても、それが確実に証明できるような状況(長く別居状態にあるなど)でない限り、不倫は、一般社会のモラルに反する行為ということになるので、慰謝料を請求されることになります。

 

不倫が起こる背景には無知や想像力のなさもある

 

それでも、不倫をする人が絶えないのはなぜでしょう。

 

やっちゃダメなことなんだよ。と言われて、それをやらずにいられる人というのは、そんなに多いものではありません。

 

どうせバレないから。
バレても、お金を払えばいいや。
何も考えられないくらい、相手が好きなんだ。

 

理由は多岐にわたりますが、不倫をする人は、不倫という意識すらないということもあります。

 

既婚者の男性、または女性が、不倫という言葉にほど遠い場所にいる若い男女にアプローチし、不倫の道に引き込んだ場合、本当に、不倫が悪いことだと知らなかったというケースもあります。

相手の強引さに根負けし、相手のいいなりになってしまうことで不倫の道から抜け出せず、あげく、配偶者に関係がバレたら、自分だけが慰謝料を請求されたということもあります。

 

不倫も、普通の恋愛と同じで、善人と、善人の恋愛とは限りません。そこで、悪に絡め取られるようにして、不倫の罠から抜け出せなくなる人もいるのは事実です。

 

恋愛が絡んでいる場合には、どうしても責任の所在が曖昧になりますが、一方が言葉巧みに近づき、相手を不倫に巻き込んだとしても、不倫をした人間はそれだけで罰則の対象になるという事実は、知っておかなければ自分の身を滅ぼすことにもなりかねません。

 

不倫をする、またはしている場合には、どのような罰則を受ける可能性があるのでしょうか。

 

一つは、慰謝料です。不倫関係が元で夫婦関係が破綻した場合には、比較的高額な慰謝料が請求されることもあり、300万円ほどを支払うことになる可能性もあります。

 

一つは、左遷や移動といった、職場における罰則を受ける場合であり、これは、社会的信用の低下に基づく罰です。

 

そして、こうした法や、規則に基づく罰則の他にも、心理的に大きな罰を受けることになる可能性もあります。

 

身近な人々の自分に対する評価が下がり、友人が離れていく、家族に軽蔑されるといった事が起こることにもなるのです。

 

規定がない世界での人の行いは無責任なものになる

 

もしかしたら、不倫をしている人の中には、不倫相手の配偶者はともかく、その他の人に対しては何も悪いことをしていないのだから、なぜ文句を言われるのか、と考える人もいるでしょう。

 

実際、罰を受けた人に対し、当事者ではない人間が、何かを言う権利がある訳ではありませんが、度を超えた誹謗中傷でない限り、それを止める手立てもありません。

 

人々が、道を外れた人を責めるのには、社会が存在し続けるために必要な、人々の間に暗黙に決められている約束事が関係しています。

 

かつて、日本に婚姻制度の明確な規定がなかった頃には、不倫という言葉はなく、浮気はいくらでも容認されていました。恋愛は、誰かが何かを言ったからといって止められるものではなく、束縛や独占欲もまた、恋愛のエッセンスくらいに扱われていたのです。

 

もちろん、こうした自由恋愛というのは、経済的に余裕のある階級の話であり、夫婦という形態は、労働を分かち合う助け合いのための仕組みでもありました。

 

民法に規定される以前から、しかし、夫婦とはこうあるべきという考えや規定は習慣的にあり、人々は、村や地域が定める規定に従い、夫婦関係を築いてきました。

 

なぜ規定が生まれるのかといえば、無秩序において、人間は利己的になるからです。自分の身勝手なで、好きになったらすぐに関係を持ち、あちこちで子供をもうけるなどして自分の利益である快楽やその時の感情を優先させてしまうと、共同体の存続が危ぶまれる争いが誘発される事もあります。

 

婚姻関係というものがなく、恋愛も、子供を産むことも自由だとしたら、世界は無秩序に包まれるでしょう。あちこちで子供が産まれ、しかし育てられないといったケースが増え、無責任な父親が溢れかえることになりますし、母親の中にも育てられない人が増えていきます。

 

それくらい、法律のない世界での人は、信用ならないものだと思われているのです。

 

もしも人が、関わる相手の全てに対し責任を負い、かつ、倫理的に相手を苦しめることがないのだとしたら、法律は必要ありませんが、今の世界はそうではありません。

 

 

拒否しても、不倫が裁かれる事実は変わらない

 

誰かを苦しめているという発想が、不倫をしている人には欠けているということがあります。

 

心理的な話だけではありません。現実に、その不倫をすることにより、育児や家事に対する時間が削られてしまう場合や、金銭面で家計が苦しくなる場合があり、それにより、相手を裏切っていない配偶者が、苦しい思いをすることになるのです。

 

また、既婚者が、独身者を巧みに操り不倫を続けている場合、独身者は罪の意識に苦しみながら、しかし、愛なのか、恋なのか、依存なのか分からない形で関係を続けているということもあるでしょう。これは、配偶者に対する不倫相手の罪があるとしても、悪いかどうかという見方でいけば、既婚者の人間が悪ということになります。

 

しかし、悪が裁かれるわけではありません。

 

それが、法律です。

 

法律は、一度決定した利害関係の不均衡を正す役割しか担っていません。

 

不倫で幸せになれるかはその人の素質による

 

法律が裁くのは、善と悪の規定ではなく、権利を侵害しているかどうかですから、不倫をして苦しんでいる人は自分が損しかしていないということに気づくべきかも知れません。

 

一方が既婚者である場合に、「もしかしたらこの人と結婚ができる」とか、「この人は、配偶者と一緒で不幸なのだと言っていた」という状況にある場合に、そうしたことを考えている時点で、不倫にで幸せになることはありません。

 

なぜなら、相手が、既に嘘をついているからです。

 

不倫相手に対する発言が本当であった場合について考えてみましょう。不倫相手と結婚しようと思っていて、かつ、配偶者とは上手くいっていない場合でも、この既婚者の男性、ないし女性は、その配偶者に対して嘘をついていることになります。結果的には離婚をして結婚をすることになっても、「婚姻関係にある場合でも、恋愛をした場合には、それを知らせずに不倫をする人だ」という事実は、将来にわたって消えません。

 

また、不倫相手に対して嘘をついている場合はどうでしょうか。離婚する気もなく、実は、配偶者とも上手くいっているという場合、これは、議論の余地もなく、幸せにはなれないということが分かります。

 

どちらも不倫をしているダブル不倫の場合、これは、相手がその状況を知っていて、どちらの夫婦もそれを認めている場合には、問題にならないでしょう。しかし、通常そういうケースはほとんどないため、誰かが苦しい思いをしており、不倫により不幸になる人が出ることがあります。

 

しかし、不倫をして幸せだという人もいます。

 

不倫をして、略奪婚をして、子供をもうけて幸せだという人もいるのは事実です。

 

なぜでしょうか。

 

それは、相手の感情をどこまで気にするかという差です。

 

誰かが傷付いているかもしれない、と考える人は、不倫では幸せにはなれません。

 

裏切りという行為に対し、後ろめたさを覚える人も、不倫では幸せにはなれないでしょう。

 

結局、幸せとは感じ方で、法律で縛る事のできるものではありませんから、法律で裁かれなくとも不幸になる人もいるし、法律で裁かれても幸せな人はいるのです。

 

不倫は良いことか、と考えている時点で、その人が不倫という行為に向いていないことは確かだといえます。

 

後ろめたさが楽しいのだ、という人はともかく、不倫をしている人自身が、もやもやとしたものが心の中にあるのなら、不倫をすることを良く思っていないという証拠です。

 

人の気持ちが分かる人は不倫に向いていない

 

不倫をしていることが楽しい人、これから不倫をしたいと思っている人は、特に悩みもないはずですし、考え込みもしないでしょう。しかし、どこかで止めたい、これから始まりそうな恋愛が不倫で、少しヤバイ臭いを感じる。そんな人は、すぐにでも、その恋愛から身を引きましょう。

 

他ならぬ、自分自身のためにそうした方が、後の幸せに繋がります。

 

負った傷や痛みは、なかなか簡単に癒えるものではなく、傷付きやすい人ほど、考えてしまう人ほど、傷付かずに済むと分かっていることには手出しをしないことが最善の策です。

 

人の痛みが分かる人は、人の痛みが分かる人と出会い、関係を築いていくほうが健全です。世の中には、そんな優しい人たちをだまし、搾取しようとする人が溢れていますが、そんな闇に飲まれることなく、自分を大切にした方が良いことは間違いありません。

 

不倫を「良い事ですよね!」「素敵です」と表立って言う人がいないのは、それが、周りの人々にとって自分がされる立場になったら、とんでもない! と思っている行為だからです。

 

自分自身がいつ浮気や不倫をされてもかまわない、自由に生きよう。という立場にあり、相手も、全く同じ立場にある人なら、それでも良いだろうという話になるでしょうが、そもそもそういう立場の人は、結婚という制度に足を踏み入れるべきではなく、そうした全ての規制から解放されて生きた方をするほうが幸せになれるでしょう。

 

究極は、人と、人との関係性です。

 

そこに歪みがあるかどうか、それが不倫という行為の是非を決定する要因です。不倫で幸せになれる人は、間違いなくそこに歪みなどないと確信できる人だけです。他人の目や言葉が気になる、正しいかどうかが分からない。そう思う時点で、不倫という道で幸せになることはないでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました